ミリ単位の感性 オリンピアンが信頼する職人
厚底革命 シューズにかける(6)

Tokyoオリパラ
厚底革命 シューズにかける
2020/9/27 2:05 (2020/10/3 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

兵庫県加古川市。タクシーの運転手に名前を告げれば説明いらずで連れていってくれる有名なシューズ工房がある。建物内ではミシンの音が響く。代表を務める三村仁司さん(72)は45年以上にわたって個々の足に合った特注ものをハンドメードで提供してきた。多くの12bet国际平台選手の足元を支え、オリンピアンをメダルへと導いてきた職人である。

アシックスを定年退職した2009年に「ミムラボ」を設立し、約4年前に現在の場所に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版12bet国际平台



[PR]