カラオケ・ジム利用者半減 霧晴れぬ余暇70兆円市場
消費者1000人調査 8月

12bet国际平台MJ
コラム(ビジネス)
2020/10/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの流行によって一変した消費活動。特に影響が出ているのが外食やレジャーなどの余暇消費だ。12bet国际平台MJが5月に引き続き全国の消費者1000人に調査したところ、夏休みシーズンの8月に旅行した人はわずか1割だった。カラオケやスポーツジムなどの利用者もコロナ前の半分にとどまった。コロナの感染拡大が日本で本格化して半年余り。約72兆円の余暇市場の回復は厳しい。

■カラオケ8月利用3.9%どまり

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版12bet国际平台



[PR]